gRPC

gRPCとは

gRPCとは、2015年2月にGoogleが発表した、http2上のRPCプロトコルです。 gRPCそのものは、シリアライザ部分が入れ替え可能な仕様らしいですが、 デフォルトではProtocol Buffersが使用され、gRPC自体がまだそこまで成熟していないこともあり、 Protocol Buffers以外が使用されることはあまり多くないようです。

ここではgRPC自体の詳しい説明はしないので、以下の公式サイトなどを参考にしてください。

https://grpc.io

ScalaPBとgRPC

ScalaPBは、version 0.5.18からgRPC用のコード生成に対応しています。 実行時には、JavaのgRPCに依存します。 これを書いている2019年11月現在の最新安定版であるScalaPB 0.9.6 時点では、grpc-javaの1.24.0に対応しています。

ScalaPBでは、serviceの定義があると自動でgRPC用のコード生成がされます。 しかしランタイムの追加が必要です。

現状では、通常のprotocol buffersを使う場合の設定に加えて、以下のlibraryDependenciesを追加します。

libraryDependencies += "com.thesamet.scalapb" %% "scalapb-runtime-grpc" % scalapb.compiler.Version.scalapbVersion

ScalaPB 0.5.26までは、上記の依存の設定のみでOKでしたが、0.5.27以降は追加で設定が必要です。 以下は、ひとまずgrpc-javaのすべての依存を追加する場合です。

libraryDependencies += "io.grpc" % "grpc-all" % scalapb.compiler.Version.grpcJavaVersion

grpc-allを追加するのではなく、もう少し細かく依存を選ぶことも可能です。 例えば、Android環境以外での普通の用途では "grpc-netty" を使うことになるはずです。 また、grpc-nettyはnettyの4.1系に依存しているため、基本的にnetty 4.0系に依存しているライブラリと同時に使えません(例: play 2.5, async-http-client 2.0 系) そういう場合には "grpc-netty-shaded" というものを使用することにより、衝突する問題を回避可能です。(grpc-netty-shadedはgrpc-java 1.9から) https://github.com/grpc/grpc-java/pull/2485

その他、詳細はgrpc-javaの公式のドキュメントを参照してください。

サンプル

以下に、公式のgRPCのJavaのサンプルコードを、ScalaPBを使用してScalaに翻訳したものがありますscala-version

https://github.com/xuwei-k/grpc-scala-sample

  • gRPCのJavaもsbt上からそのままmainをrunできるようにするために、git submoduleでgrpc-javaを参照している
  • .protoファイルやリソースファイルをできるだけコピーしないようにするために、sourceDirectory in PB.protobufConfigunmanagedResourceDirectories in Compile などの設定をScala側に追加している

といったことをしていますが、それ以外は特別変わったことをしていない、一般的なプロジェクト構成になっているはずです。 公式のJavaのサンプルには、こちら https://grpc.io/docs/tutorials/basic/java.html の公式のチュートリアルで解説されているものが含まれています。

以下のようなことが可能になっているはずなので、実際にsbt runをして確認してみてください。

  • Javaのserver側を起動して、Scalaのclientを接続
  • Scalaのserver側を起動して、Javaのclientを接続
  • serverもclientもScalaで接続
scala-version. このサンプルコードは、Scala2.10だとコンパイルが通りません。 https://xuwei-k.hatenablog.com/entry/20151208/1449568614 Scala2.10で動かしたい場合は ServerBuilder ではなく NettyServerBuilder を直接使うか、asInstanceOf でキャストしてください

results matching ""

    No results matching ""